ブラックマーケット調査

美術とマフィア、犯罪学など

「誘拐マフィア」に奪われたストラディバリウス /バイオリンと犯罪組織について 

歴史遺産級のバイオリンが犯罪組織に奪われた、いくつかの事件について。

新たなフレンチ・コネクション /フランス名画盗難と有楽町三億円事件

バブル期の日本とフランスを舞台に、数々の事件を起こした犯罪組織。

沈没船マラビーヤス号と海底の財宝

多くの沈没船が眠るバハマ沖。莫大な財宝とトレジャーハンターについて。

賭けに負けた男は繰り返す /ターナー『リーヴォール修道院』など20点盗難事件

名画はある男の一世一代の賭けの標的となった。

美術探偵が追ったゴッホの絵 /ゴッホ『春のヌエネンの牧師館の庭』盗難事件

ゴッホの絵を盗難した実行犯に禁固8年が下されたが、絵は見つかっていない。

FBIによる10大美術犯罪について

FBIがウェブで公開している「10大美術犯罪」について、もう少し踏み込んだ解説を。

マフィアの歴史と負の遺産 /パレルモの不気味な廃墟群

シチリア・マフィアの権力は広大な廃墟群を生み出した。

墓荒らしの王、ピエトロの功罪

今は(おそらく)引退している、ある墓荒らしの活動についてです。日本語にするなら遺跡荒らしの方が適切かもしれません。

犯罪者たちの実験場 /4回襲われたラスボローハウス

18世紀に建てられたラスボローハウスで起きた4度の盗難事件について。

なぜギャングは本を盗んだのか /ダンテ『神曲』など希少本盗難事件

ロンドンで希少本が盗まれた事件。鮮やかな手口はミッションインポッシブル・スタイルと呼ばれた。

//