ブラックマーケット調査

美術とマフィア、犯罪学など

美術とマフィア

ルーマニア・ギャングによる希少本の強奪事件

ロンドンの倉庫で240冊の希少本が盗まれた事件です。被害額3億円以上と言われるこの犯行は、ルーマニア・ギャングによって結成された窃盗団の仕業でした。

マフィアの証言と抗争、カラヴァッジョの『キリスト降誕』の行方

シチリア島で盗まれたカラヴァッジョの『キリスト降誕』についての記事です。この事件はFBIの美術犯罪トップ10のリストに並び続けて50年、現在も未解決です。

アジアを襲った略奪、サブハッシュ・カプールの密売組織

アジアの寺院や遺跡をターゲットにした密売組織の中でも有名な、サブハッシュ・カプールの密売組織についての記事です。

ドイツ:フリーデンシュタイン城から消えた5枚の絵画とその帰還

本記事では1979年のドイツで起きた絵画盗難事件について扱います。ドイツ美術史上、スチュアート・ガードナー美術館の事件と並ぶ大事件です。

ジャンフランコ・ベッキーナと違法古美術、マフィアの関係について

イタリア生まれの美術商ジャンフランコ・ベッキーナと密売集団、イタリア・マフィアについて解説します。

//