ブラックマーケット調査

美術とマフィア、犯罪学など

美術と組織犯罪

最後のゴッドファーザー逮捕 /マフィアと文化破壊について

2023年1月16日は、きっと忘れられない日になる。 マフィア発祥の地シチリアで、「最後のゴッドファーザー」が逮捕された日だからだ。 news.sky.com マッテオ・メッシーナ・デナロは30年もの間、当局から行方をくらましていた。それは彼をかくまう協力者が無…

血脈が結ぶ共犯者 /ロイヤルジュエリーを奪ったドイツの氏族犯罪

日本では犯罪のフリーランス化が進んでいる。 本来出会うはずのない人間がSNSを通じ、互いを知らないまま凶行に及ぶ。 そこにあるのは短絡的な欲望という、極端に実質を欠いた関係性だけだ。歴史は存在しない。 警察の捜査は、あるいは法制度は、共犯者をま…

それは悪魔の囁きか /魅了された資産家に下った罰

投資家、不動産王、石油王。 莫大な富を手にした人物には、スキャンダルがつきものだ。 リスクを恐れず、報酬に人一倍つよく惹かれる気質はトラブルを招く。 金のにおいを嗅ぎつけた獣の誘惑に負け、醜聞をさらすことになる人物も少なくない。 「ウォール街…

事件の終わりはスイートルームで /プエブロ・アート等盗難事件

美術犯罪とホテルの関係は深い。 闇取引には密室が好都合だ。金と盗んだ美術品の交換がそこでは行われる。 この定石は、今もなお健在であるらしい。 2023年初頭に解決したある事件も、最後の舞台はコロラド州レイクウッドのスイートルームだった。 www.cbsne…

光熱費の高騰はフランスの城のリスクを上げるかもしれない

久々に防犯について書く。ただし役に立つもではないのでご了承を。 以下のニュースについての考え事。 www.afpbb.com ロシアのウクライナ侵攻の影響により光熱費が高騰。私のような庶民と同様、城の持ち主たちも暖房費がかさむ冬の到来に戦々恐々としている…

消えた「国宝級」ティアラ /ギャングによるポートランド・ティアラ強盗事件

国宝とも言える美術品は、防犯設備によっても守り切れなかった。

刻まれた神殿 /マヤ文明、プラセレス遺跡のファサード盗掘

遺跡の巨大なレリーフは、輸送のために48分割された。

疑惑の絵文書 /マヤ文明の「グロリア・コデックス」偽物疑惑

盗掘者が発見した以上、偽物の疑いを晴らすには長い年月が必要だった。

これは被害者なき犯罪なのか /モリゾ『夏の日』盗難事件

2人の学生は、偉人の遺言に基づいてロンドンの美術館にあった絵をアイルランドへ取り戻そうとした。

ヴェネト・マフィアの強奪指令(後) /ベラスケス等5点の強盗事件とボスの改心

ヴェネト州のマフィア「マラ・デル・ブレンタ」のもう1つの標的と、悔い改めた組織のボスについて。

ヴェネト・マフィアの強奪指令(前) /聖アントニオの下顎骨強盗事件

美術品強奪を得意としたヴェネト州のマフィアは、交渉材料として聖人の下顎骨を持ち去った。

教会荒らし /イングランドのヨークストーン盗難事件

2010年以降、イングランドでは石材であり歴史遺産でもあるヨークストーンの盗難が頻発している。

闇を巡るエジプトの棺 /盗まれたネジェマンクの棺、メトロポリタン美術館から返還

エジプトの司祭ネジェマンクの棺は墓荒らしに盗まれ、アメリカの美術館までたどり着いた。

ミュージアムの花形は盗掘品? /ドリフォロス像の出所をめぐる事件

古代の像の出所が偽られ、違法に美術館に売却されたと言われている。

「誘拐マフィア」に奪われたストラディバリウス /バイオリンと犯罪組織について 

歴史遺産級のバイオリンが犯罪組織に奪われた、いくつかの事件について。

新たなフレンチ・コネクション /フランス名画盗難と有楽町三億円事件

バブル期の日本とフランスを舞台に、数々の事件を起こした犯罪組織。

沈没船マラビーヤス号と海底の財宝

多くの沈没船が眠るバハマ沖。莫大な財宝とトレジャーハンターについて。

賭けに負けた男は繰り返す /ターナー『リーヴォール修道院』など20点盗難事件

名画はある男の一世一代の賭けの標的となった。

美術探偵が追ったゴッホの絵 /ゴッホ『春のヌエネンの牧師館の庭』盗難事件

ゴッホの絵を盗難した実行犯に禁固8年が下されたが、絵は見つかっていない。

FBIによる10大美術犯罪について

FBIがウェブで公開している「10大美術犯罪」について、もう少し踏み込んだ解説を。

マフィアの歴史と負の遺産 /パレルモの不気味な廃墟群

シチリア・マフィアの権力は広大な廃墟群を生み出した。

墓荒らしの王、ピエトロの功罪

今は(おそらく)引退している、ある墓荒らしの活動についてです。日本語にするなら遺跡荒らしの方が適切かもしれません。

犯罪者たちの実験場 /4回襲われたラスボローハウス

18世紀に建てられたラスボローハウスで起きた4度の盗難事件について。

なぜギャングは本を盗んだのか /ダンテ『神曲』など希少本盗難事件

ロンドンで希少本が盗まれた事件。鮮やかな手口はミッションインポッシブル・スタイルと呼ばれた。

マフィアの証言と抗争 /カラヴァッジョ『キリスト降誕』盗難事件

行方不明の『キリスト降誕』をめぐるマフィアたちの証言。

アジアの寺院を襲う野望 /サブハッシュ・カプールの密売組織

アジアの寺院をターゲットにした密売組織の概観。

緊迫した交渉の行方 /フリーデンシュタイン城の名画盗難事件

1979年に起きた、ドイツ美術史上に残る大事件と返還交渉について。

古美術商とマフィアのショットガン /ジャンフランコ・ベッキーナの密売組織

古美術の密売組織と、イタリア・マフィアの危険な連帯。

//