防犯の図書館

防犯、事件、犯罪心理について

防犯の設備-家の防犯

【最新】還付金詐欺、オレオレ詐欺、アポ電などの詐欺電話の例と対策集(2021年2月版)

詐欺電話の被害が相次いでいます。オレオレ詐欺や警察を騙る電話、そして新型コロナを利用した詐欺も。電話詐欺はマニュアル化しているので、手口を知るだけでも対策になります。

犯人を追い詰める、防犯カメラの様々な機能

常に正確な動作と高度な機能が要求される防犯カメラ。重大な責任を負った防犯カメラたちは、一体どのような機能を持っているのでしょうか。

空き巣、居空き、忍込みの違いと対策

空き巣、居空き、忍込み。これらはすべて侵入窃盗の分類です。それぞれの違いと犯人の特徴、そして対策を解説しています。

合鍵を勝手に作成される!?ネット複製に抜け道

鍵を無くしてもいないのに、どうして合鍵が作られたのか?実際に起きた事件で利用された「ある手口」と、その予防方法について解説します。

【マンション編】空き巣はどこから侵入するのか

空き巣は一戸建てだけでなくマンションも狙います。空き巣の持つスキルによっては、むしろマンションの方が狙われやすい場合も。マンション含め集合住宅の危険箇所をチェックしましょう。

ピッキングの盛衰にまつわる表と裏の攻防

2000年を中心に大流行したピッキング。その裏には、常に犯罪グループの姿がありました。ピッキングにまつわる表の出来事と裏の出来事を、まとめてお伝えします。

ディンプルキーは本当にピッキングを防ぐことができているのか

「ピッキングを防ぐならディンプルキー」。そう考える方は少なくないでしょう。確かに間違いではありませんが、その効果がどの程度なのかをあらためて考え直します。

ガス点検やコロナアンケートを装った強盗が横行中!アポ電対策がカギ

首都圏で頻発している、ガス点検を装った強盗事件。高齢者を狙った暴力が特徴の危険な手口が好まれています。被害に遭わないために気を付けたいこと、そして高齢者を守るための防犯機器について解説します。

【一戸建て編】空き巣が侵入しやすいポイント

空き巣が入りやすい家にしないために。一戸建てにおいて意識すべき重要なポイントを解説します。良かれと思って行ったレイアウトが、思わぬ盲点を作り出してしまっているかもしれません。

クレセント錠に防犯効果はない?空き巣の嫌がる窓づくり

「クレセント錠に防犯効果はない」。防犯に興味のある方ならご存じかもしれません。しかしそれはどうしてでしょうか。そしてクレセント錠に代わる防犯設備はあるのでしょうか。 実は危険なままでいた自宅の窓を、空き巣の嫌がる窓へ改修するための方法。

防犯フィルムの効果的な選び方、価格を徹底解説!

窓破りによる侵入に効果を発揮する、防犯フィルム。様々な価格帯のフィルムが出回っていますが、どのようなものを選ぶべきかの指針をお伝えします。

ドアスコープの危険性。防犯カメラを付けるのはアリなのか

ドア越しに訪問者を確認できるドアスコープ。一般的な防犯設備ですが、これが「防犯の穴」となることも。この記事では、ドアスコープを悪用する手口とその対策について解説します。

//