ブラックマーケット調査

美術とマフィア、犯罪学など

アルペン会長が強制わいせつ致傷と窃盗で逮捕。個人的には信じられない話

スポーツ用品店「アルペン」の会長が暴行、わいせつ、窃盗の疑いで逮捕。72歳会長がこのような罪の犯し方をするのか?疑いの目を持った考察です。

【最新】還付金詐欺、オレオレ詐欺、アポ電などの詐欺電話の例と対策集(2021年2月版)

詐欺電話の被害が相次いでいます。オレオレ詐欺や警察を騙る電話、そして新型コロナを利用した詐欺も。電話詐欺はマニュアル化しているので、手口を知るだけでも対策になります。

順天堂医師はなぜ10年も盗撮を繰り返したのか?その犯罪心理とは

路上で女子高生のスカート内を盗撮。そんな罪を犯したのは順天堂大学の医師でした。この記事では盗撮事件の犯罪心理を解説しています。

セブンイレブン八王子犬目店にてコンビニ強盗発生。指示役の男も逮捕(追記)

2月3日深夜に発生したコンビニ強盗。タクシーで逃走したという不可解さが残る事件について、犯人像などを考えます。

犯人を追い詰める、防犯カメラの様々な機能

常に正確な動作と高度な機能が要求される防犯カメラ。重大な責任を負った防犯カメラたちは、一体どのような機能を持っているのでしょうか。

空き巣、居空き、忍込みの違いと対策

空き巣、居空き、忍込み。これらはすべて侵入窃盗の分類です。それぞれの違いと犯人の特徴、そして対策を解説しています。

【事件現場レポート】葛飾区東新小岩の路上で通り魔事件

「新型コロナで収入が減り、イライラしていた」。路上で見知らぬ女性に突然襲いかかった男。犯行の現場に向かうと、そこは「誰もいない危険な道」でした。

【事件現場レポート】世田谷区南鳥山にて無人の交番を舞台に事件発生

無人の交番で起きたわいせつ未遂事件。なぜ警官が1人もいなかったのか、なぜ犯人は交番内で事件を起こしたのか。尽きない疑問に少しでも近づこうとしたレポートです。

【事件現場レポート】港区麻布永坂町のオークション出品者襲撃事件

オークション出品者が待ち合わせ場所で襲撃され、商品などを強奪された事件。その現場に実際に向かって分析したことを報告します。

【用語解説】犯罪者プロファイリングとは?どんな方法が使われているのか

「犯人は30代の独身男性。現場の近くに住んでおり汚れた車を所有している」…このように事件現場で得た情報をもとに犯人像を推論するのがプロファイリング。この記事ではプロファイリングの種類や方法について解説します。

【用語解説】暗数とは?潜んだ犯罪を見つけ出す方法

犯罪学上の暗数とは、申告されない犯罪のこと。すべての犯罪を把握することは不可能ですが、それでも実態を知ろうとする方法について解説します。

吉川市南広島でコンビニ強盗発生。垣間見える慎重さ

1月3日の深夜、埼玉県の吉川市南広島でコンビニ強盗が発生しました。 犯行の時間や周囲の環境から見えてきたのは、犯人の慎重さ。 逃走中の犯人は、今後どのような行動をとるのでしょうか? 事件の詳細 発生時刻:1月3日の午前2時19分ごろ 場所:埼玉県吉川…

横浜市旭区左近山で男性襲撃事件。今後の注意点について

12月27日、横浜市旭区左近山にある団地の敷地内で男性が襲われました。犯人は男5人程度のグループ。犯人は逃走中なため、近隣にお住まいの方々へ具体的に気を付けたいポイントをまとめます。

なぜ格子を切断して?埼玉県三郷市の住宅に男が侵入

ある男が住宅の一階にある脱衣所の窓格子を切断して侵入しました。窓格子の破壊には、通常かなりの手間がかかります。なぜ男は格子のある窓を狙ったのか?格子に防犯効果はないのか?事件の疑問を考察します。

犯罪学から見た、座間事件の「御し難さ」

自殺志願者を誘惑し9人を殺害した座間事件。多くのメディアが心の闇を暴こうとしていますが、この記事ではあくまで座間事件を犯罪学の見地から分析します。有効な対策は見つかるのでしょうか。

港区芝浦4丁目でコンビニ強盗発生。写真から危険要因を探る(追記)

12月14日、港区のコンビニエンスストアに強盗が入りました。監視の目が行き届いていそうな都市部のコンビニなのに、犯人はなぜこの場所を選んだのか。地理的な危険要因を探っていきます。

合鍵を勝手に作成される!?ネット複製に抜け道

鍵を無くしてもいないのに、どうして合鍵が作られたのか?実際に起きた事件で利用された「ある手口」と、その予防方法について解説します。

【マンション編】空き巣はどこから侵入するのか

空き巣は一戸建てだけでなくマンションも狙います。空き巣の持つスキルによっては、むしろマンションの方が狙われやすい場合も。マンション含め集合住宅の危険箇所をチェックしましょう。

ピッキングの盛衰にまつわる表と裏の攻防

2000年を中心に大流行したピッキング。その裏には、常に犯罪グループの姿がありました。ピッキングにまつわる表の出来事と裏の出来事を、まとめてお伝えします。

ディンプルキーは本当にピッキングを防ぐことができているのか

「ピッキングを防ぐならディンプルキー」。そう考える方は少なくないでしょう。確かに間違いではありませんが、その効果がどの程度なのかをあらためて考え直します。

バイオメトリクス認証に再現された童話「wolfとlamb」

バイオメトリクス認証には「wolfとlamb」という概念があります。ユーモアのある例えですが、実はセキュリティを破綻させる危険な存在なのです。

【用語解説】リレーアタックとは?意外な対策アイテムは「缶」

リレーアタックは自動車盗で用いられる新たな手法。脅威的な犯行スピードと手軽さを誇ります。しかし対策は意外と簡単。意外なものが役立ちます。

【用語解説】イモビカッターとは?その仕組みと対策

イモビカッターとは、自動車盗に使われる道具です。盗難手口や対策の知識が、愛車を守ることになります。

防犯設備士の試験を受けた感想。うわさされる難易度より難しかった話

「防犯設備士の試験に受かるか心配」という方へ。私の試験体験談です。こうしたら良かった、ここがつらかった、そんな事をまとめてみました。

北海道で連続空き巣犯が逮捕。被害に気付かせなかった巧妙な手口

北海道にてとある連続空き巣犯が逮捕された。しかし被害者の7割は、被害にさえ気づけなかった。その驚きの手口とは。

排除されるのはゴミか、ヒトか。割れ窓理論の活用法を批判から考える

わずかな無秩序が重大な犯罪の呼び水になるとする割れ窓理論。実は数多くの批判があります。「秩序維持の名のもとに人権ははく奪されても良いのか」。理論の提唱者らは批判にどう答えたのでしょうか。

「ドーナツ買うよ」福岡市6歳女児誘拐はなぜ止められなかったのか

白昼堂々の犯行は、なぜ止められなかったのか。本事件の疑問を解きつつ、児童誘拐に対する防犯上の盲点を検討します。

ガス点検やコロナアンケートを装った強盗が横行中!アポ電対策がカギ

首都圏で頻発している、ガス点検を装った強盗事件。高齢者を狙った暴力が特徴の危険な手口が好まれています。被害に遭わないために気を付けたいこと、そして高齢者を守るための防犯機器について解説します。

【一戸建て編】空き巣が侵入しやすいポイント

空き巣が入りやすい家にしないために。一戸建てにおいて意識すべき重要なポイントを解説します。良かれと思って行ったレイアウトが、思わぬ盲点を作り出してしまっているかもしれません。

クレセント錠に防犯効果はない?空き巣の嫌がる窓づくり

「クレセント錠に防犯効果はない」。防犯に興味のある方ならご存じかもしれません。しかしそれはどうしてでしょうか。そしてクレセント錠に代わる防犯設備はあるのでしょうか。 実は危険なままでいた自宅の窓を、空き巣の嫌がる窓へ改修するための方法。

//